オフィス笑

ごあいさつ

officeshou001

「オフィス笑」は、六代目笑福亭松喬の個人事務所として、平成11年、松喬が噺家になって30年という節目の年に、さらなる飛躍を目指して開設。落語をはじめ、講演、獅子舞、南京玉すだれ、大喜利、ラジオ・テレビ・CM・各種司会、番組・イベントの企画等を通じて、皆様に「笑」をお届けしております。

 

最近、心の底から笑ったことがありますか?

中国の古い言葉に「一笑一若一怒一老」というのがあります。

一回笑えば、一つ若返る、一回怒れば、一つ年をとるそうです。

笑いは息を吐く行為ですが、単に息を吐くのではなく、笑うことで、体が柔らかくなり、リラックスします。

ストレスの多い現代社会では、泣いたり、怒ったりと、体はこわばって、硬くなるばかり、体にとっても頭にとっても硬いのはよくありません。

笑いは、60兆ある人の細胞を振るわせ、140億ある脳の細胞を刺激し、さまざまな器官に良い影響を及ぼし、笑いがストレスを大きく軽減します。

よく笑うと痛みが和らぎ、笑うことで免疫力も高まるのです。

 

過去に東京都が行った調査では、100歳以上の超高齢者は呑気で楽天的で、笑って生活を楽しむ人が多かったそうです。

子供はちょっとしたことでも笑います。

年頃になると、箸がこけてもよく笑います。

どうやら、生命力が満ち満ちて細胞が生き生きしていると、笑いが活発に起こるのでしょう。

しかし、だんだん歳を重ねていくと、笑いが減ってきます。

生命力の衰えとともに笑いのエネルギーが弱くなっていくのでしょうか。

ところが、歳をとってもエネルギッシュな方もいらっしゃいます。

きっとそんな方は笑いを心得ていて、元気な生命力を保たれているのでしょう。

人は楽しいから笑うのですが、「笑うから楽しくなる」とも言えます。

「笑う門には福来る」「笑いは副作用のない妙薬」家庭に学校に職場に地域に笑いの輪が広がり、陽気に呑気にワッハッハと明るく暮らしたいものです。

私たちはそんな「笑」をお届けいたします。